ししとう

管内のししとう栽培は、露地栽培と雨よけ栽培で行われています。 雨よけ栽培では、天敵昆虫を放飼することで、害虫を退治し、農薬の使用を少しでも減らす工夫をしています。そうすることで、自然にも人にも優しい農業を推進しています。 辛いししとうは、色が濃く種がないものが多い。おいしいししとうの選び方は、へたがしっかりして実の柔らかいものを選ぶとよいでしょう。

ししとう

栽培期間ししとう