香り高く、余韻が残る。土佐を代表する津野山茶。

四国山脈山あいの里、四万十川源流域は昔から津野山郷と呼ばれ、標高600メートルの茶畑は、清らかな水と澄んだ空気が自慢です。かつて江戸時代には、土佐三大銘茶(韮生郷の大抜茶、大豊郷の碁石茶、津野山郷の六蔵茶)の一つとして知られ、土佐を代表するお茶として高い評価を受けてきました。

険しい山の斜面に広がる茶畑は、ほどよい寒暖差や霧の発生により、良質なお茶が作られる条件が揃っています。香り高く、余韻をしっかりと感じられる深い味わいは、この地域で実直に茶作りを続ける農家たちの、誠実な人柄が表れるようです。昔から受け継がれる味を大事にし、今に伝えているのが津野山のお茶です。

上質のお茶ができる条件

  • 山に囲まれた山間地であること
  • 昼夜の寒暖差が大きく霧が発生しやすい。
  • 水はけがよい地形

お茶の敵「霜」から守る天然のヴェール。

新芽の時期、気温が低すぎると、霜による被害を受けます。 しかし、霧が発生することで気温が下がっても凍結しにくく、霜が降りにくくなります。また霧による天然ヴェールのおかげで、日光を適度に遮断し、茶の旨み成分が多いまろや かなお茶になります。

土佐藩主山内公に献上

津野山では古くより山茶が自生し、味と香りとともに優れ、土佐藩主山内公に献上していた記録があります。また、土佐の三大銘茶として韮生郷の大抜茶(香北)と豊永郷の碁石茶(大豊)とともに津野山郷の六蔵茶は中国地方、九州地方にまで移出され、土佐を代表する産物の一つとして高い評価を受けてきました。

津野山茶の産地。土佐の銘茶が生まれる場所。

  • image

    布施が坂

    旧道にひろがる茶畑。なんと、茶畑の間を龍馬脱藩の道が走ります。


  • image

    入道地区

    国営農地として切り開かれた山のてっぺんに広がる茶畑。すがすがしい景色の中で、良質なお茶が育ちます。


  • image

    宮谷地区

    津野町でもとりわけ奥地の茶畑。津野山ビールのもとになるかぶせ茶は、ここで育てられます。


  • image

    桂地区

    国の重要文化的景観にも選ばれた、マチュピチュさながらの景色。


  • image

    力石

    197号線国道沿いの茶畑。近くには県内でも最大級の茶工場があり、2016年から新しくリニューアルもします。

高野の茶堂

津野山地域に残された茶堂
高野の茶堂

JA津野山営農センターのすぐ近くに残された茶堂。茅葺屋根の葺き替えを行うなど、地区の保存会が現在も守り続けています。

茶堂とは、慶長年間より街道沿いに建てられた木造茅葺屋根の建造物です。木造・石造などの諸仏を安置して祭り、津野氏の霊を慰め、かつては地区の住人が通行人や旅人に茶菓の接待を行っていました。

津野山地域は各所に茶堂が残され、龍馬脱藩のルート近くにも当時の位置のままの茶堂が残されています。龍馬もここでこっそり一服したかもしれません。

おいしい津野山茶の淹れ方

用意するもの (3人分)

  • 急須 200〜250ccくらいが入るもの
  • 湯呑み 100ccが入るくらいのもの3客
  • ポット
  • 茶葉 7g(茶さじ山盛り1杯)
  • 沸騰させたお湯 180cc
  1. 急須に茶葉を入れます。


  2. 完全に沸騰したお湯を、一度ポットに移します。⇒90度くらいになります


  3. ポットの湯を、湯呑みそれぞれ8分目まで入れ少し待ちます。75~80度くらいになります。


  4. 急須にお湯を移し、90秒から120秒待ちます。決して急須をゆすらない!!


  5. 湯呑みに少量ずつ注ぎ分けていきます。(まわし注ぎ)。最後の一滴まで!!